前へ
次へ

家庭と連携する医療は、理想的です

病院に行き診察をして貰うと意外な診断が出ることがあり、日常生活に大きな影響を与えることがあります。
家庭環境が病気を治すことに対して確りとしていれば、安心して過ごすことも出来ますが、そうで無い場合には病院での何らかのフォローが無ければ、患者の負担は増してしまいます。
これからの医療は、孤独に暮らす高齢者に寄り添う内容で無ければ、ひっそりと病死を迎える人が多くなってしまいます。
高齢者であっても適した治療が受けられるような環境を整備する必要があり、最期を迎えた時に孤独にならない工夫が必要です。
病院と患者が無理をしない距離感で支え合えることで、延命に繋がることもありますから、利用することが可能なツールがあれば積極的に活用することも大切です。
また、子供や親戚がいない人に対しての具体的な支援をする方法があり、利用しやすい環境があれば安心して生活をすることが可能です。
誰もが年老いて行く現実がある以上、真摯にいろいろと考えなくては医療の役割は果たせません。

Page Top