前へ
次へ

医療保険についてどのように考えるのか

医療保険をどのように考えるのかと言いますとリスクに対する備えという部分においては間違いなく良いのですがそのリスクをどの程度自分の中で重要視しているのかということを自覚しているのが大事になります。
医療保険で抑えることができるリスクというのは金銭的なリスクのことであり、要するに病気になったときの費用に関する部分ということになりますので別に病気自体の発生の可能性が下がるわけではないです。
日本の医療制度というのは決して悪いものではなく、一ヶ月の医療費の上限というのは決まっていますから、実はそんなに爆発的な金額を支払わなければならないというようなことは先進医療でもお願いしない限りは大丈夫です。
しかし、逆に先進医療をお願いする場合などには物凄くお金がかかることになります。
ですからそういうことに備えるために医療保険というのに加入しておくわけです。
節税効果などもありますから、そちらの面でもメリットはあることでしょう。

Page Top